ふるさと納税を始めよう!
仕組みと手続き、自治体と返礼品を完全ガイド

江戸時代から400年続く愛知県岩倉市の山車夏祭り

2017.08.03

出典:岩倉市HP

愛知県内最大の祭りの1つと言えば、岩倉市で行われる山車(だし)夏祭りです。江戸時代から続く伝統ある祭りで、3台の山車が提灯(ちょうちん)の神秘的な明かりとともに街を巡回します。見どころは山車だけではなく、からくり人形が魅せる美技や地元の特産物を楽しめる軽トラ市などなど。今回は愛知県岩倉市の山車夏祭りを紹介します。

江戸時代から続く山車が魅せる圧巻の夏祭り

愛知県岩倉市で行われる山車夏祭りは、県内外から多くの見物人を集める大人気のお祭りです。山車夏祭りには400年の伝統があります。祭りの主役は、3台の山車。あなたは山車のことを知っていますか?山車の見た目は神輿とよく似ています。しかし、目的が違うのです。神輿は神様が旅をするときに使用する乗り物のようなもの。対して、山車は祭りの間に神様に滞在してもらうものです。簡単に言えば、神輿は神様のための自動車で、山車はホテルということですね。

岩倉市で行われる山車夏祭りでは、3台の山車が神様をのせて街中を巡ります。どの山車も一番上にからくりを乗せた「犬山車型」と呼ばれる3段構造になっています。ここからは祭りを盛り上げる3台の山車を紹介しましょう。

下本町山車(出典:岩倉市HP)

1つ目の山車が下元町にある神明生田神社(しんめいいくたじんじゃ)に保管されている山車です。3台の中では最も古く1625年に制作されました。山車と言えば鮮やかな彫刻ですが、この山車は他の2台と比べると彫刻の数が少ない古くからの格式を守っているものです。

中本町山車(出典:岩倉市HP)

2つ目の山車は、中本町の神明太一社に保管されている山車です。制作されたのは1626年。山車には金箔が施された龍や鳳凰、そして鬼の豪華な彫刻があります。正面の幕には白字で書かれた「中之町」という字を見ることができます。注目はその幕の上にある鶴が刺繍された幕です。見事な鶴や金の雲の豪華さに圧倒されます。これは江戸時代後期の画家渡辺清がデザインしたものです。

大上市場山車(出典:岩倉市HP)

3つ目の山車は大神市場にある神溝神社に保管されている山車です。山車は3台の中で最も若い1629年に制作されたものです。最も若いといっても約400年前に完成した歴史ある山車ですね。この山車の見どころは、きらびやかな彫刻たち。大神市場の山車は彫刻の数が一番多いです。鶴、龍、亀、波、雲などの彫刻が山車を見事なものにしています。

これら3台の歴史ある山車が無数の提灯の明かりをともしながら、岩倉市内を巡ります。美しい提灯の明かりをまとった山車は本当に豪華で、とっても神秘的。山車に乗ったからくり人形、神様を歓迎するために飾られた豪華な装飾やきれいな音色に心を奪われること間違いありません。

山車で行われるからくり実演も見どころ

山車夏祭りの主役といえば山車ですが、絶対に忘れてはいけないのが山車に乗ったからくりです。各山車にはからくりと呼ばれる人形が何体かのっています。からくり人形もまた江戸時代に制作されたものが多いです。

からくり人形は自動で動く木製の人形のことです。「江戸時代のロボット」と言われることもあります。現代に生きる私たちは、江戸時代に誕生したからくり人形という名のロボットを山車夏祭りでみることができるというわけです。

山車夏祭りでは、3台の山車によるからくり実演が毎年行われています。各山車に乗っているからくりたちが様々な動きをして、観客を楽しませます。特に観客を驚かせるのは、中本町の山車です。山車のいちばん上には唐子と呼ばれる赤い服を着た女の子のからくり人形がいます。この唐子は木の枝につり下がっている棒をつかんで、見事な回転技を披露するのです。この回転技がからくり実演の最大の見どころなので、ぜひ注目してください。

その他にも、下元町の山車に乗った菅原道真(すがわらのみちざね)をモデルとしたからくり人形が、生えてくる梅の花を切ったり、大神市場の山車のからくり人形が高さの異なる杭を渡ったりと見どころ満載です。

からくり人形は定番の動きから、ユニークな動きまで、さまざまな表現で観客を楽しませてくれます。江戸時代に作られたロボットの精巧な動きを、ぜひ生で楽しんでください!

岩倉軽トラ市では地元の特産物を楽しめる!

軽トラ夜市の様子(岩倉市HP)

岩倉市では、山車夏祭りに併せて岩倉軽トラ市も開催されます。軽トラ市では、岩倉市の特産物だけではなく、愛知県内の特産物も販売されるのです。「軽トラ市」って少し不思議な名前だと思いませんか?夜市や夏祭りでは屋台の出店が基本ですが、軽トラ市ではその名の通り軽トラックを店舗にするのです。市内外のお店が農産物や加工物、商業品や飲み物を軽トラにつめて販売します。

岩倉市には誇るべき特産品がたくさんあります。注目の特産品は名古屋コーチンです。過去の軽トラ市では、名古屋コーチンの鶏脂(ちーゆ)を入れてコクを出した焼きそばや地元でとれた新鮮な野菜や果物が販売されています。また夜市ではビールも販売されます。ビール片手に見る山車は最高の夏の思い出を作ることでしょう。

まとめ

愛知県岩倉市で行われる山車夏祭りは、愛知県内で最も大きな夏のイベントの1つ。江戸自体から続く伝統ある山車が街中を神秘的なものにします。また山車だけではなく、何体ものからくり人形の動きはあなたを魅了するでしょう。軽トラ市で地元の特産品や雰囲気を感じて、神様を歓迎する山車祭りで歴史を感じてください。

山車夏祭り イベント詳細へのリンク

山車夏祭り イベント詳細

・開催日時:2017年8月5日(土)、予備日は8月6日(日)
・軽トラ市開催場所:神明ふれあい広場
・軽トラ市開催時間:17:00~20:30
※雨天中止の場合あり

 

岩倉山車保全プロジェクト

ふるさと納税サイト「ふるり」にて、岩倉市の伝統ある山車を守ろうとする取り組みをご紹介しております。

この記事をシェアする

この記事に関連したタグ

関連記事

同じカテゴリの人気記事

最近の記事

新着記事一覧を見る

AREAエリア

CATEGORYカテゴリー

TAG気になるタグ

RANKING人気の記事